Pastimeぶろぐ

趣味のパソコン関連からお絵かきまで、雑談とか個人的な備忘録とか。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

最近

 まったくblogを更新していないですねぇ…(^^;
日記・その他 | comments(31) | trackbacks(0)

余ったVGAクーラーの使い方

 Force3DのRADEON 4870についていたFreezerDHTというオリジナルクーラーですが、PMW制御どころかパルスセンサーすら無いという、コスト削減しまくりのもので、ファンノイズもものすごかったため、ZALMANのVF2000 LEDに換装しました。

で、余ったFreezer DHTなのですが、使い道もないのでこれまた余っていたペルチェ素子をぺたっと貼り付けてみました。ペルチェ素子ってウン十ワットも喰う大食漢ので、サブマシンの550Wプラグイン電源の開いているコネクタに接続してみました。

Freezer DHT

電源ON!したところ、おお、すごい冷える冷える。水滴を垂らすといい感じで凍ってくれます。
ヒートシンク側はビデオカードで使っていた時並の発熱。
これ、ドリンククーラーとかに使えないかな…
自作PC改造ネタ | comments(0) | trackbacks(0)

Blitz ExtremeのFusionシステムは空冷で使うと熱に弱い?

coneco.net様のモニターに当選したこともあって、ケースを8年ぶりに(!)P-180へ変更しました。
前のケースは側面にどでかい12cmの穴を開けて使っていたため問題がなかったのですが、P180は前面からの吸気が弱く、中に熱がこもりがちです。
昨年の冬にビデオカードをRADEON 4870に換えたこともあって、発熱は結構すごいことに。

先日PCを使っていたら、いきなりシャットダウン。電源を入れても応答なしという事態に。原因を探ったら、サウスブリッジが80℃を超えていたため、自動シャットダウンしていました。
Blitz ExtremeってFusionシステムだから、ノースにヒートシンクが無くて放熱大丈夫なのかな…と思っていたら案の定というか。

いっそのこと水冷にしてしまえ!とも思ったのですが、ウォーターブロックごと取り外せないFusionシステムって、冷却水交換とか組み替えのときにめんどくさそうな気がしますが、どうなんでしょう。
まずは手持ちのパーツでどうにかするか、ってことで、余っていたヒートシンクと空冷ファンをサウスブリッジに乗っているヒートパイプ装着台座?の上に取り付け、ノース付近を8cmファンを使ってエアフローを改善することに。

冷却ファン追加
▲CPUクーラーのファン固定用ねじ穴を利用して、8cmファンを追加
固定に使っている金具は、IKEAのBILLYシリーズ本棚に付いてくる転倒防止用金具(^^;;;

ヒートシンクもなんにもないノースブリッジですが、風を当てないよりはまだマシかなぁ、という感じでとりあえずファンを追加。
8cm、24V用のNidecファンなのですが、12Vでぬるく回す分にはほぼ無音です。というかForce3Dの4870がうるさすぎ。常にMAX回転な感じがするので、ファンコントローラー機能無いんじゃない、これ。

サウス冷却ヒートシンク
▲サウスブリッジにヒートシンク+空冷ファンを装着

サウスブリッジから伸びているヒートパイプを固定している台座があるのですが、その真上には4870のクーラーが邪魔をしていますので、40%ほど下にオフセットした状態でヒートシンクを熱伝導両面テープで留めています。このテープ、このまえ中を見たらヒートシンクもろとも外れていたので、大丈夫かちょっと気になります…

エアフローは上からよりも、ヒートシンクの構造上溝に沿って流した方が良さそうな感じなので、横に付けています。

とりあえずこれでしばらくは様子見、といった感じでしょうか。
自作PC改造ネタ | comments(0) | trackbacks(0)

複数接続したSATAカードのBIOSが表示されない

現在、ASUSのBlitz Extremeに6台のHDDとDVDドライブを接続していますが、Blitz Extremeの内蔵SATAコネクタは6つですので、合計7台のドライブを接続することが出来ません。
JMicron JMB363もオンボードで載っていますが、こちらはeSATA用のコネクタしか用意されていませんので、内蔵には使えません。

そこで、昔に買ったSil3112搭載のSATAカードを増設したのですが、ちょっとした罠が。
ICH9RはRAIDコントローラーにしてRAID0構成を行い、JMB363はeSATAで使用、さらにSil3112を繋いだところ、初回起動時には問題無くICH9R、JMB363、Sil3112のBIOSを認識。
しかし、OS起動後カードを認識した後、再起動するとICH9RのBIOSが出てこない症状が発生。しょうがないのでBIOSから簡単に無効化でき、使用頻度もあまり高くない外付けのeSATAハードディスクしか繋がっていないJMB363をDisableにして再起動すると、ちゃんとICH9RのBIOSが出て来ました。

原因はリソース不足のようです。BIOSで3枚認識した状態でWindowsを起動すると、最後に追加したSil3112がリソース不足で正常に動作していない状態でした。
OSをインストールしない状態では正常に認識されるにもかかわらず、OSでドライバを組み込むとBIOSが表示されないのでは、ちょっと原因が解りづらいですよね。

RAIDカードを追加したら、RAID BIOSが出てこなくなったという方は、一度リソースに空きがあるかチェックしてみるといいかと思います。
自作PC改造ネタ | comments(0) | trackbacks(0)

NIC2枚差しでかんたんネットワーク共有

我が家はCATVプロバイダのインターネットなのですが、CATVの基地局と近いこともあってか、CATVではなくLANで繋がっているような感じだったりします。ダウンロードも普通に5MB/sとか出ますし。
しかも、CATVならではのグローバルIP取り放題。ただし、インターネット直結なのでセキュリティには十分配慮が必要ですが…。セットアップしたてのWindowsXPとか繋ぎたくないですよね(^^;;;

メインPCとストレージ用PCの2台を主に使っているのですが、CATVの場合ネットワーク共有フォルダを作るといろんな意味で怖いような気がします。特に、昔同じCATVプロバイダを使っていた友人が、Windowsのネットワークを見たら普通に他人のPCが見えていた、なんてこともあったらしいのでなおさらです。(さすがにこれはプロバイダのスイッチ設定のミスでしょうが…)

どうにかしてセキュアかつ高速なフォルダ共有が出来ないかな、ということで、NIC2枚差しでの別ネットワーク構成にしてみました。

最近のマザーボードは主にゲームを目的としたTeaming(チーミング、複数NICをまとめて冗長化すること)で使用出来るよう、2つのNICが搭載されていることが多くなってきました。メインPCのBlitz Extremeにも、MarvellのGigaBit NICが2つ(PCI-E x1とPCI接続)搭載されています。

そこで、このうちの1つをインターネット用に、もう1つをプライベートネットワーク用にすることに。方法はかんたん、インターネット用のものはDHCPをON、Firewallなどの設定も有効にしたままにして設定終了。というか設定変更する箇所はありません。
プライベートネットワーク用のNICはかなり高負荷のネットワーク転送を行いますので、PCI-E接続のものをチョイス。インターネット用なんてたかが数MB/sレベルなので、100Base-Tでも十分です。
IPアドレスはプライベートIPを振ります。少しでも負荷を下げ、転送レートを上げる為に、Firewallや不要なものは外し、シンプルな構成にしてみました。

ストレージ用のML115ですが、こいつにはBroadcomのNICが1つ(PCI-E x1接続)しか載っていません。なので、PCI接続のGigaBit NICをもう1枚購入することに。
どうせ買うなら高品質のものを、ってことで同じくBroadcomのBCM5782搭載のものを購入してみました。って、これ、JumboFrame対応じゃなかったりするんですが(^^;;;

2台の接続はお手製のCAT5E クロスケーブルです。

早速ベンチマークがてら転送試験を行ってみましたが、だいたい38〜40MB/s程度で転送出来ている感じ。感じとしてはNICよりもストレージのIO周りがボトルネックになっているようです。
数千円の投資でこれだけ高速であれば十分です。

ちなみに、CATVに移行した際に同じようなことをやろうとしたのですが、その時はNICが2つオンボードで載っていることを失念していて、1394ネットアダプタを使おうとしていました…
Peer to Peerで繋ぐには1394ネットアダプタって結構便利なんですけど、普及しませんでしたよね。ケーブルで繋ぐだけでいいし、楽だったんだけどなぁ。
そんなこんなで不幸な1394ネットアダプタですが、やはりWindows Vistaではサポートされなかったため、結局諦めることに。
パソコン・ハードウェア | comments(1) | trackbacks(0)

D40+AF NIKKOR 75-300mm

ニコンのD40を現在使っているのですが、前にF601とセットで使っていた75-300mmのレンズを装着してみました。昔のズームレンズだけあって、かなりごっついかんじです。
しかも、デジタル一眼は35mmカメラと焦点距離が異なるため、ニコンの場合は35mm換算では1.5倍ですので、300mmズームにすると相当でかく見えます。

D40

D40はAF NIKKORレンズのオートフォーカスは使えないため、マニュアルフォーカスになってしまいますが、F601を使っていた感覚では、超音波モーターとは異なり、本体側のモーターでシャフトを介して駆動するタイプのAFなので、ピント合わせがそれほど早くないんですよね。ですので、マニュアルフォーカスでもそれほど問題はないのですが、やはりAFはあるといいなぁ、と実感。

D80も最安値で5万円台まで下がっていますし、そのうち欲しいかなぁ、とも思うんですが、ずっしり重たい75-300mmのレンズのために本体を買い換えるのも…。

それにしても、ものすごくアンバランスに見えますよね、この組み合わせ(^^;
日記・その他 | comments(0) | trackbacks(0)

DP-U50/AP-U70/RP-U200のボリューム復活作戦

2000年頃にヤマハから発売されたUSB音源、DP-U50とAP-U70を未だに愛用しています。今ではサウンド機能はマザーに載っていて当然という時代ですが、やはりそれなりの値段がする音源は音もいいのです。
高音質のUSB音源といえばONKYOの製品が有名ですが、そこはあえてマイノリティー路線でヤマハ製を使っています。DP-U50/AP-U70ってボディーがでかい分置き場所に困る感じですが、そのため安定感もよく、何よりもヘッドホンを抜き差しする際に本体を押さえなくていい!というのが気に入ってます。
ヤマハのサイトではWindowsXPまでのドライバ/ツールしか置いていませんが、WindowsVista環境でも問題無く使用可能でした。

DP-U50シリーズの魅力をまとめてみました(笑)

・再生チャネルを2ch/4ch/6chに設定可能
・ヤマハならではのDPSを使った各種エフェクト、疑似3D、ヘッドフォン3Dなどのモード
・USBミックス出力機能を使えば、PC2台環境の場合1台は光デジタル、もう1台はUSBに繋げば同時再生可能でしかも高音質!
・大きなボディーのため、ヘッドフォンの抜き差しが容易
・VFDで見やすいディスプレイ(ただし中古購入の際は劣化に注意)
・AP-U70/RP-U200はアンプ内蔵なので、オーディオ用のスピーカーがそのまま繋げられる!

これで、AP-U70はヤフオク相場8,000円程度です。お買い得。

こ〜ちゃさんがなぜか2台買っていたDP-U50のうちの1台を頂いたのがきっかけで、いまでも大切に使っています…が、嫁のPC用に移籍したため、先日中古でアンプ機能内蔵のAP-U70を購入しました。
この時期のヤマハのUSB音源には3種類あり、アンプなしのDP-U50、2chアンプ内蔵のAP-U70、5.1chアンプ+チューナー内蔵のRP-U200となっています。AP-U70に中古で1万円そこそこの小型スピーカーを繋ぐだけで、手軽に高音質PCになるのでおすすめ。

DP-U50/AP-U70を探すとしたらヤフオクが一番ですが、残念な事にボリュームに難を抱えている個体がかなりあります。電子ボリュームを使っているのですが、フロントにあるボリュームダイアルを動かしてもボリュームが変わらない、あるいは誤動作するという症状です。
うちのAP-U70もこの症状で、しばらくボリュームを回転させ続ければ動くようになるのですが、しばらく放置しておくとダメダメになってしまいます。

しかし、よくある接触不良ですし、かんたんに直りますので掃除しちゃいましょう。

※写真を撮ろうと思ったんですが、あまりにもニッチな記事なのでやめました(^^;

1,ボリュームを引っこ抜き、ボリュームについている六角形のナットを外す

ボリュームをまっすぐ手前に引っこ抜きます。
続いて、ボリュームの黒い軸が出ている金具に付いているナットを先に外してしまいましょう。

2,本体からフロントパネルのユニットを外す

側板のネジ12個(左右×6)と上面カバーのネジ2個、合計14個のネジを外します。
ネジを外すと、フロントパネルから出ているケーブル×2とハーネス×1が見えますので、丁寧に外します。…といっても、線を持ってえりゃっと引っ張ってもOKですが、壊さないように。
続いて、フロントパネルを留めている金色のネジ×6も取り外します。これでフロントパネルが取り外せます。

3,フロントパネルから基盤を外す

6カ所くらいある黒いネジを取ります。これでフロントパネルから基盤を取り外せます。
ケーブルが繋がってますが無視でOKです。

4,スイッチの分解

分解といっても、上下にかんたんに分離できるタイプの回転スイッチですのでご安心を。
回転スイッチに、4カ所ツメがかかっていると思います。スイッチの上部パーツが取れる程度に、ラジオペンチなどで丁寧に広げてツメを外してください。
4カ所のツメを外したら、スイッチの上部パーツを取り外します。

5,掃除&グリスアップ

ボリュームを回転させた時の抵抗感をグリスで作り出しているのですが、この接点グリスが劣化して硬化してしまい、接触を妨げているのが原因です。
あれば無水エタノールなどでグリスを除去してください。無い場合は…シンナーとか除光液とかでも行けそうですが自己責任でお願いします。
かなりグリスがしつこく付いていますので、がんばって綺麗にしてください。

掃除が終わったら、接点グリスを塗って完了。グリスを塗らなくても大丈夫といえば大丈夫ですが、いずれ接触不良を再発するのは目に見えてますので、グリスを塗布してください。模型店などで売っているラジコン用のとかでOKです。

6,組み立て&動作確認


これで作業完了。軸内のグリスを取りすぎるとボリュームが前よりだいぶ軽くなりますが、それはそれで軽快でいい感じです。
かんたんに掃除出来ますので、あえてボリューム故障の中古品を安く狙ってみるのもいいかと思います。
パソコン・ハードウェア | comments(8) | trackbacks(1)

GeForce7900GS

現在メインPCで使用しているのが、GalaxyのGeForce7900GS搭載ビデオカード、GF P79GS-SP/256D3。GalaxyといえばOCということで、こいつも450MHz/1320MHzから600MHz/1600MHzに大幅オーバークロックされていたりします。
昨年夏頃に大ヒットした製品ですね。

で、そろそろ買い換え時期かなーと思いつつも、遊ぶのがA列車で行こう7くらいしかないので、まだまだ十分な感じ。

買い換えるならOCで勝負!ってことで、どこまで行けるかトライしていました。そしたら…なんか800MHz/1660MHzでサクッと動いているんですが(^^;;;
コアは450MHzと比べると、実に178%のオーバークロック状態。でも、ちゃんと動いているっぽいです。

壊れそうですが、しばらく使ってみますか…

7900GS
オーバークロック | comments(0) | trackbacks(0)

ノートン押し売り大作戦

 昨年購入したカスペルスキーの更新期限が切れてしまったことと、外部からの怪しいパケットが来ると心臓が止まりそうな嫌な音を発してくれる(CATVなのでグローバルIP接続なのです)ので、かねてから興味のあったESET Smart Security(NOD32の総合セキュリティソフト)の体験版をインストールしてみました。設定画面などに独特の癖があることと、メール末尾に勝手にNOD32でチェックしましたよ、的な文章を入れる設定がデフォルトでONになっているのがちょっと気になりますが、サクサク動いて気持ちいい感じです。

ただ、値段がちょっと高めなのと、比較候補だったノートン インターネットセキュリティが3PCまでインストール可能ということで、よりコストパフォーマンスに優れるNortonにすることに決定。早速ノートンのサイトでインターネットセキュリティを申し込もうとしたところ…もう、これ以上ないってくらい鬱陶しい抱き合わせ販売攻勢。

どれくらいすごい勢いかと言うと、以下の通り。

1,ノートンのサイトにて、インターネットセキュリティをカートに追加。画像ではパッケージ版になっていますが、費用節約のためダウンロード版に変更。

norton1



2,カートに商品を入れたところ、ノートン360 バージョン2.0へのアップグレードをものすごい勢いで勧められる。購入ボタンがあまりにも下にありすぎてびっくり。
Norton360は初代バージョンを親が使っていますが、特定ファイルのスキャンが不可(2.0では改善されているらしいですが)の他、勝手にバックアップやら最適化やら始めるので、いまいちな感じ。他の作業をやっているときに限ってダイヤログが出たり、作業始めたりするしね…。
個人的には最適化やバックアップは専用のソフトで行った方がわかりやすいですし。

Internet Securityだけを購入するため、最下部にある次へボタンをクリック。

norton2


3,今度はノートン・スタートアップサービスなるソフトが登場。今度は追加しない選択肢が一緒に購入ボタンと同列に並んでいるのでまだわかりやすいですが…。しかし、専門スタッフが遠隔操作ってなにやら怖いですな。専門スタッフって、インドや中国でスタッフが24h張り付いているんでしょうか。
詳しい説明を読めばいいのですが、不要なサービスなのでさっさと追加せずボタンをクリック。

norton3


4,やっと購入できるかと思えば、買った覚えのない商品が勝手にカートに入っている恐怖。再ダウンロード保証サービス ¥1,575って何ですか…。そもそも、最初の画面ではNorton Internet Security 2009のみカートに追加したにも関わらず、ユーザーの許諾を得ずに勝手にカートに入れるシステムは、非常に問題があるような気がします。

カートの下にはノートン・PCエキスパートがさりげなく自己主張。

norton4


5,不要な再ダウンロード保証サービスをカートから削除して、個人情報を入れて決済画面に行こうと思いきや、最後のトラップが。
更新サービス期限自動延長なるものに、最初からチェックが付いているではありませんか。なにやらクレジット決済だと勝手に期限を延長してくれるサービスとのこと。これって更新しますか、って勝手に更新する前に通知来るんでしょうか…

norton5

 

…結局、嫌気が差してESETを買うことにしました。

セキュリティ企業って堅実なイメージが大事というか、こういった販売手法って逆効果なだけのような気もするのですが、どうなんでしょう。

ソフトウェア関連 | comments(0) | trackbacks(0)

Windows VistaのCD/DVDトレイ自動オープン機能を無効化する

Windows Vistaでは、CD/DVDドライブにメディアを挿入していない状態で、エクスプローラーなどでドライブをクリックすると、トレイが自動でオープン(イジェクト)されてしまいます。
「ドライブが空なのでどうぞメディアを入れてください」といった感じなのかもしれませんが、これが非常に鬱陶しいため、無効にする方法を探していたのですが、やっと解りましたので設定方法をメモしておきます。

トレイの自動オープン機能は、OSが持っているCD/DVD Writing機能の一部機能ですので、無効にするにはOSのライティング機能をごっそりDisableにします。
管理コンソールからのやり方もありますが、regファイルを作ってレジストリに入れるのが一番簡単ではないでしょうか。

OSのライティング機能を無効にするレジストリ
-------------------------------------------------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Policies¥Explorer]
"NoCDBurning"=dword:00000001
-------------------------------------------------

一度無効にしたものを有効に戻す場合には、下記のレジストリを使用してください。
-------------------------------------------------
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_CURRENT_USER¥Software¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion¥Policies¥Explorer]
"NoCDBurning"=-
-------------------------------------------------

これで、Windows Vistaの使い勝手が少し良くなった気がします。
Windows | comments(1) | trackbacks(1)