Pastimeぶろぐ

趣味のパソコン関連からお絵かきまで、雑談とか個人的な備忘録とか。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

更新

なにやら更新していないと広告が表示されるらしく…(^^;;;
最近忙しくて更新出来ていませんー。近日中には必ず…orz
日記・その他 | comments(0) | trackbacks(0)

Core2Duo Q6600 オーバークロック

何気なく近くのパソコン工房に行ってみたら、MVK限定のBLITZ EXTREME&DDR3 2GBセットが売っていたので思わずゲットしてしまいました。MAXIMUSのセットがあればより良かったんですが、BLITZ EXTREMEでも27,800円なら安いかな、と。

元々嫁のPCがエンコードをするのに遅い(と言ってもAthlon64 X2 4600+ですが…)ため、Phenomでも買うかなーと思っていたのですが、マザーがAM2の為、どうしようかなーと二の足を踏んでいたのですが、限定という言葉に踊らされて(笑)、P35マザーと安くなったCore2 Q6600を購入してみました。

元々自分のPCはP5K Deluxe/WiFiだったのですが、BLITZが出た時にいいなぁ〜と思っていたこともあって、こっちにマザボを交換してみました。両方ともP35搭載のマザーですし、その他の構成は変わらないのでOSは再セットアップする必要もなく、サクサク換装完了。OSの再認証はありましたがすんなり通り、無事移行完了。
ちなみに、CPUの上限はやはり3.4GHz程度で、P5K Deluxeでは3.6GHzではWindows起動中に再起動していたのが、Windowsがどうにか立ち上がる程度に耐性は高くなったものの、起動中に再起動することもありやはり常用は難しい様子。結局マザー入れ替えで変わったのは、メモリがDDR3になった反面、4GBから2GBと容量が1/2になりました。

入れ替えで余ったP5K Deluxe/WiFiはQ6600を使って嫁PCに行った訳ですが、このQ6600が結構OC耐性高いっぽい感じです。面倒なのでいきなりFSB450MHz、倍率8倍、電圧1.400Vの3.6GHzに設定して電源を入れてみたところ、すんなり動作してしまいました。負荷テストでも安定しているので大丈夫っぽいかも…
E6600でどうやっても超えられなかった3.6GHzの壁をこうもあっさり超えられてしまうとは…。

ちなみに、エンコードは今まで15分かかっていたのが、4分くらいで終わるように。さすがQuad+OCといった感じでしょうか。

余談ですが、嫁のPCで使っていたピクセラのキャプチャカードPIX-CTV200PWが、どうやってもうまく動かない(PixeStationTVがエラーを吐いて画面が出ない)ため、アイオーデータのGV-MVP/RX3を買ってきました。アナログ放送終了までまだ時間もありますし、いいかな、と。そろそろデジタルキャプチャカードも出そうなんですけどね。
キャプチャカードを交換して驚いたのがその画質。ピクセラのPIX-CTV200PWも3次元Y/C分離とゴーストリデューサを積んでいたのですが、GV-MVP/RX3の画面はめっちゃ綺麗で、レンタルのVHSビデオと新品のS-VHSくらいの差があります。キャプチャカードの画質なんてそれほど変わらないだろーと思っていた自分にとって、これはちょっと驚きでした。
オーバークロック | comments(0) | trackbacks(1)

CATV

現在、我が家のインターネット回線はCATV回線なのですが、セットトップボックス経由ではなく、ふつーに部屋にLANコネクタがある不思議構造になっています。CATVの本社まで数百メートルですから、おそらく基地局までCATVとは別回線で直結されているのかな、とか思ったりしています。
回線速度も計測サイトによって幅がありますが、通常のCATVでは考えられない下り30〜59Mbps/上り8Mbps(CATV会社のサービスでは2Mbps/512Kbps)となっています。

今時のマンションらしく、日立かどっかのインターネットセキュリティシステムが入っているのですが、使い方が全く解りません。っていうか説明なかったし(--;;;
部屋にグレーと白のLANコネクタがあるのですが、どっちかが上記システム用と言われたような気がするのですが、繋いでみてもまったく変わらず。

なんで色が違うんだろうな・・・と悩みつつこの前収納の片付けをしていると、なにやら通勤鞄サイズのグレーのボックスを発見。大抵ヒューズボックスかセキュリティシステムだったりするのですが、両方とも別のところにあるし、何だろうと思って見てみるとそこにはcoregaの100Base-TのHUBが2つと、TV用の同軸ケーブル分配機が。
壁からは2本のLANケーブルが出ていたので、どうやらこいつの配線を変えると部屋までの配線も簡単に変更できそうな様子。

前に、リビングの隣の部屋の壁にLANコネクタを増設してもらったのですが、CATVのくせにグローバルIPではなくプライベートIPで、こちらで管理できないルーターがあるため不便きわまりなく、結局放置していたんですが、HUBに刺さっているケーブルをもうひとつのHUBに差し替えたらあっさりグローバルIPで使えるように。

どうやら、グローバルIPの方がCATV回線で、プライベートIPの方はインターネットには繋がる(tracertで調べたら先の回線は一緒)のですが、セキュリティシステム用の何かがあったりするのかもしれません。
で、グレーと白のLANコネクタに配線されているケーブルですが、同じHUBに付いていたのでどうやらこれが混乱の元だったようです。
日記・その他 | comments(0) | trackbacks(0)

ブート可能なUSBメモリを作る方法

マザーボード、ビデオカードなどのBIOSのアップデートを行う際などに必要なDOSですが(WindowsからBIOSの変更が可能なツールもありますが、今までの経験上どうも不具合が多いのです)、最近のPCにはフロッピーディスクドライブが無いものも多く、DOS起動ができない場合も多々あります。
そんなときに便利なのがUSB Flashメモリからの起動。128MB程度のFlashメモリであれば投げ売りされていることも多いですし、DOS起動用には容量も十二分です。

ブート可能なUSBメモリを作るのに一番簡単なのは、ヒューレットパッカード製のツールを使うことでしょうか。SP27213.exeというサポート用プログラムを使うと、ものすごく簡単にブート可能なUSBメモリが作成できます。
現在HPのサイトには掲載されていないようですが、Googleで「SP27213.exe」と検索するとダウンロード可能なサイトがいくつか出てきますから入手しておくといざというときに便利かと思います。

HP Windows Format Utility for USB Drive Key or DiskOnKey
http://www.sibd.ca/EN/Download.htm
http://files.filefront.com/SP27213exe/;5953912;/fileinfo.html
ソフトウェア関連 | comments(0) | trackbacks(0)

Windows Vista SP1を導入してみました

WindowsVista SP1


Windows Vista Business EditionにSP1を早速入れてみました。
インストール方法は至って簡単。OKを押していくだけです。
懸念されていたドライバ関係についても、SP1導入前のものがすんなり使えていて、大きな問題はなさそうです。

一連の画面をスクリーンショットで保存してみました。

WindowsVista SP1セットアップ画面
インストーラーを起動すると、ヘルプファイルを読むことができます。ノートPCの場合はACアダプタを繋いで〜みたいなことが書かれています。

WindowsVista SP1セットアップ画面
ライセンス条項について聞かれますので、同意にチェックを入れて次へ。

WindowsVista SP1セットアップ画面
インストールを押すとSP1のインストールが始まります。インストールには実質30分程度かかりました。

WindowsVista SP1セットアップ画面
インストール中の画面。このあと自動的に再起動し、続けて2回ほどファイルの更新→再起動を繰り返します。

WindowsVista SP1セットアップ画面
無事セットアップが完了しました。

不具合、満足した点など気になることがあったら後ほどアップデートします。
Windows | comments(0) | trackbacks(0)

メモリ

メモリ

memtest86を走らせるとものすごい勢いでエラーを出すようになったメモリがあったのですが、今時のメモリだけあって「永久保証」なるものが付いていました。ただ、メモリ用のヒートシンクを貼り付けてしまっているのでこれを剥がさないといけない訳ですが…これがどえらい粘着力の強いやつで、温めながら少しずつ剥がしていったところ、上記のような惨状に…

あれですよ、弁当を学校に持って行ったら、フタに具がひっついていたって感じですかorz
パソコン・ハードウェア | comments(1) | trackbacks(0)

HP ProLiant ML115 2台目

超久々のBlog更新になります(^^;;;

嫁の実家でPCを使うと言うことで、ProLiant ML115をもう1台買ってみました。今回は送料無料ということで、HPからではなくNTT-Xストアから購入。ポチった翌日に届くというスピード配送でびっくり。

標準状態ではかなり騒々しいことは前に買ったときに解っていたので、事前に以下のものを用意しました。

■scythe SILENT BOX
http://www.scythe.co.jp/accessories/20041227-214706.html
昔に購入したHDD静音ケースなのですが、HDDの発熱がひどく、ペルチェ素子とヒートシンク、空冷ファンなどを使って冷やしてみたものの、結構うるさい上に電源は食うわ、そんなに冷えないわでお蔵入りしていたもの。
試しにML115に入っていたHDDを入れてみたら、そこまで熱は持たないっぽい感じなので使うことに。HDDの騒音はまったくといっていいほどしなくなりました。

■scythe 光る鎌風の風 8cm
http://www.scythe.co.jp/cooler/syxx25sl12vbl.html
標準のCPUクーラーを流用しつつ、安価に静音化させるためにファンのみを購入。ファンコンが付いたファンを捜したらこれしかなかったためこれに決定。筐体の中は青色LEDで照らされてかなりすごいことに。
最低の1300rpmで回転させてもBIOSがエラーを出さないので、使い勝手はいい感じです。

■余り物の9cmファン
リアの排気ファンとして使用。高速でうるさいためにファンコン併用。

■Evercool SCB-CD
http://www.evercool.com.tw/products/scb-cd.htm
1000円を切るファンコントローラー。前に高速電脳で3.5インチベイ用のブラケットが無いもの(OEM元モデル?)が500円くらいだったので、こっちを買っておけば…と少々後悔。
それにしても惜しい店が無くなったものです。

■RADEON X600SE 128MB 64bit
前に買ったビデオカード(新品3000円弱)。メモリバスが64bitだったこともあり、自分で使用しているML115用のビデオカードをメモリバス128bit、256MB搭載のX600PROが4000円弱で売られていたために買い換えて余ったものだったりします。

一通りのパーツを交換してみたのですが、いやー、LEDまぶしいですわ(笑

ML115の内部(1)

ML115の内部(2)

CPUクーラーですが、ファン自体は9cmですが、穴は8cmというものが付いています。FREEDOMのPFN-M098シリーズ(http://www.freedom-pc.com/product/fan.html)なら装着できそうですが、探すのも面倒だったので普通の8cmファンに交換しています。
穴の位置にそのまま装着するとファンの位置が中心からかなりずれてしまうため、GPUクーラーかなにかに付いてきたパーツのあまりを使って、中心に来るように装着してみました。
現在回転数を最低に落としていますがBIOSエラーもなく快適です。

パソコン・ハードウェア | comments(0) | trackbacks(1)

3-in-1 Toaster Oven Griddle and Coffee Maker

海外の家電製品って、デザインや機能などいろいろ面白いものが多くて大好きだったりします。イタリア家電とかは特にデザインが秀逸なものが多いですよね。
で、海外のブレッドメーカーのサイトを回っていて見つけたのが、この逸品。



なんと、オーブントースターとホットプレート、コーヒーメーカーが揃った製品。3in1って、まとめりゃいってモンじゃありません。けど、なんか楽しいですよね、これ。
パンを焼きつつ上でベーコンと目玉焼きを焼いて、ついでにコーヒーを入れることが1台の機械でできてしまうんですよ。すげー…

日記・その他 | comments(3) | trackbacks(0)

ML115をパソコンとして使うために必要な出費

HPの激安サーバ、ProLiant ML115ですが、パソコンとして使うレベルにするのにどれくらいの出費が必要か考えてみました。

・メモリ

すさまじく安くなっていますので、増設するのであれば標準の512MBに追加するよりも、1GBのモジュールを2枚買った方がいいかと思います。もう1枚512MBのモジュールを買ってもいいのですが、デュアルチャンネルで使うのであれば同じメモリが推奨となりますし、標準のメモリはECC対応のものなので高額です。
WindowsXPであれば512MBあればそれなりに快適ですので、とりあえず追加無しでもいいかと思います。

・ビデオカード

ML115は、オンボードのビデオ機能がパソコンとしては実用に耐えないレベルであるため(サーバのCUIレベルであれば十分かと思います)、ビデオカードの増設は必須となります。
ML115の電源ユニットにはビデオカード用の6ピンコネクタがありませんので、別途電源ユニットからの電力供給を必要とするビデオカードを使う場合には、変換ケーブルの購入が必要となります。また、370W電源ですので、ハイエンドビデオカードは電源の許容量を超えてしまう可能性があります。
個人的にはエントリー〜ミドルクラスのカード(10,000円未満程度)がバランスも取れていてお勧めです。

・光学ドライブ

搭載している光学ドライブはCD-ROMとなりますので、DVD-Rなどの記録型DVDドライブなどに換装したほうが使い勝手はいいかと思います。もっとも、サブマシンとして使う、あるいはCD-ROMで十分という場合にはそのままでもかまいません。
HPのカスタマイズでDVD-Rドライブにするよりも、別途購入した方が安いのでオススメです。

・OS

OSレスモデルですので、別途OSが必要です。Windows XP、Windows Vista共にサポート外ですが問題なく使用できます。
OSはDSP版(ハードウェアと一体で売られているもの)の方が遙かに割安です。FDDのように安価なパーツとの組み合わせも選べますが、不要なパーツを買ってもしょうがないですので、記録型DVDドライブとのセットなどがいいかと思います。

・ファンコントローラー

サーバーは信頼性第一ですので、冷却のために強力なファンがついています。このままではかなり騒々しいので、ファンコントローラーはあった方が良さそうな感じです。

HP ProLiant ML115:15,750円
PCI-Express X16用ビデオカード:7,000円
Windows Vista HomePremium DSP版+記録型DVDドライブ:22,000円

15,750円+7,000円+22,000円=44,750円

これにメモリ増設、CPUをAthlonX2に換装…などをしていると、それなりの金額になってしまいます。送料を考えると5万円程度でしょうか。
やはり、ML115を新規で購入してカスタマイズして普通に使うよりは、余っているパーツなりOSなりを使って組む、あるいは自作の入門や自作に興味があっていじってみたい…等の方がいいのかもしれません。


話は変わりますが、先日会社用のPCを購入したのですが、ツクモでeMachinesのJ4472が59,800円(!)で売っていたので即買いしてしまいました。
Athlon X2 5600+にメモリ1GB、記録型DVDドライブにHDD320GB、Windows Vista Home Premiumが入ってこの値段はML115以上のコストパフォーマンスじゃないかと思います。
ML115にパーツを追加して同等のスペックにしたとしても、この値段では収まらないのではないかと…それにしても安くなりましたねぇ。
パソコン・ハードウェア | comments(2) | trackbacks(0)

こだわりのキーボード:富士通コンポーネント FMV-KB311(FKB8520)

パソコンを買ったときに標準で付いてきたキーボードを使っている方って、かなり多いと思います。
文字の入力さえできれば何でもいいという気もしますが、文字を書くのに100円ボールペンもあれば万年筆もあるように、パソコンのキーボードにもいろいろあります。

IBMのバックスプリングキーボードやメカニカルスイッチ、CHERRYスイッチなどは人気があり、オークションでも1万円近い金額で取引されているものもありますが、個人的にはへなへなキーボードが好きだったりします。メカニカルは重たいしうるさいし、キーは軽い方が好きなんです。昔はメカニカルを好んで使っていましたが、昔は大嫌いだった富士通コンポーネントのキーボードを触ったときに、こんな楽に入力できるキーボードがあるのか!と感激した覚えがあります。

自宅のメインPCはRealForce106を使っています。これも定番ですよね。ほとんど不満はないキーボードですが、2つ不満があるとすれば、1つは右上の「Realforce106」という文字の自己主張が強すぎてダサ過ぎるのと、キーを離して戻る時の音が結構うるさいことでしょうか。
入力はサクサクで気持ちいいです。

職場で愛用しているのが、富士通製のFKB8520。FKB8520の方が色が濃いですが、FMV-KB311と同一のキーボードです。富士通コンポーネント製のキーボードらしく、キーストロークが浅く、スカスカした感じですが、余分なキーがない106な点と裏に鉄板が入っているために底打ち感が明確なこと、連続入力しても疲れない点などでいたく気に入っている1枚です。

この前オークションで状態のいいFMV-KB311を発見して落札したところ、1996年製造にもかかわらず、ほぼ新品同様のコンディションという最上級品でびっくり。とてもいいものを買えて喜んでいます。もったいなくて使っていませんが、会社で使っているのか、嫁のPCで使っているのが壊れたら交換しようかと考えています。(嫁のキーボードもFMV-KB311だったりします。)
富士通コンポーネントのキータッチが好きな方にはおすすめの1枚です。

富士通コンポーネント FMV-KB311(FKB8520)
パソコン・ハードウェア | comments(0) | trackbacks(0)